祐@せどり暮らし

Amazon・メルカリ・ラクマ・BASE・その他のサイトを利用し生計を立てています。投稿ジャンルは主に副業中心で、特に転売・せどりに関する知識や情報を発信していこうと思っています。

中学教師「嫌なことから逃げるな!」社会人になった僕「逃げ続けた結果、幸せです」

f:id:yuu304810:20190831021021j:plain

こんにちは祐(@yuu304810)です´・ω・`v

 

ブログや、せどり界隈では『昔は、落ちこぼれでしたが~』なんてキャッチフレーズがありますが、まさにそれです。

 

そんな僕も今では、自分の力で稼ぎ生活できるようになりました。

 

Amazonでは、月商100万を超え、利益アベレージは大体30%~45%前後。

 

メルカリは700件を超える取引にて最高月収15万ほど。

 

同時にラクマ・BASEを運営しており、最近、ブログとTwitterを始めました。

 

普段は、せどりについての情報をメインに発信しています。

 

ここからが本篇です。

 

※深夜テンションにて筆記

 

中学校生活

 

迷惑をかける系ではなく、シンプルにバカでしたね。

 

授業に出てても評価は1。

 

それなりに課題を提出しても評価は2。

 

3以上は幻でした。

 

5段階評価。

 

そんな、僕も徐々に不登校気味になります。

 

理由は「めんどくさくなった」からです。

 

察しの通り勉強は嫌いだし、学歴とかどうでもいいと思ってました。

 

「今更、勉強したって追い付けない」

 

そんな引きこもり・サボりがちだった僕に、先生はある日こう言い放ちました。

 

【嫌なことから逃げるな】って。

 

この一言が僕にとっては、後に考え方を大きく変える要因だったと思います。

 

得意を発見

 

勉強が苦手だった僕にも、得意なことは一応ありまして、部活で何となく入った卓球でした。

 

友達が入るからの理由で入部しましたが、6年続けていたサッカーより才能があったみたいで。

 

そんなこんな、いつの間にか学校より部活を優先するようになっていました。

 

夏休みの補習も出ずに部活。

 

授業には出ていないけど部活。

 

なんでクラスにいないのに部活にいるの?って言いたそうな表情を浮かべるチームメイト。

 

そんなわけで、練習の成果はみるみる結果に表れていきます。

 

予選突破の嬉しさゼロ。

 

表彰されるのは、当たり前になるほどに。

 

そこでふと思い出します。

 

「嫌なことから逃げるな」って「悪いことなのかな?」と…。

 

部活引退後は、更に引きこもり悪化

 

そこから月日が経ちウヤムヤに卒業し。

 

親と先生の策略にて私立高校へ進学。

 

まだまだ『逃げる』と表現されるような行動を取ります。

 

料理が好きなので、調理を学べるコースを選択したのちに、落ちこぼれなので却下。

 

強制的に勉強コースへ。

 

嫌々…入った学校で。

 

唯一、自分なりに、嫌な環境で、やりたいことを、見つけれたのに、ダメです?????

 

全く意味がわかりません。

 

入学2ヶ月目くらいにして速攻、退学届けを提出。

 

上から目線で人に点数を付けていた審査員・それを従える校長先生らが逆に引き止めてくる状況。

 

恐らく、早期に退学されたら高校の名が汚されるからでしょうね。

 

問答無用で意見を貫き通し、二度と出席することはなかっです。

 

就職スタート。

 

なんやかんや、親から高卒の資格は取っておけと、しつこく説得され仕事に支障が出ない通信制の高校へ編入。

 

週に1回の出席で3年間の卒業だったので、全く苦ではありませんでした。

 

無事、学校卒業。

 

(まさかの郵送で自宅に卒業証書が送られるw)

 

しかし、同時に3年間働いていた職場の給料が、低すぎると悩み始めます。

 

8時間労働で手取り12万です。

 

「どれだけ頑張っても給料が上がらないってアホやろ」「努力するだけ無駄」と、考えるようになり。

 

追い打ちをかけるように、可愛かったバイトの子も辞めてしまいます…。

 

やってらんねーよ!

 

と、有給休暇を全て使い果たし退職(当時18歳)

 

時給労働はコスパが悪すぎると気付く。

 

それから歩合制である夜職を経験し、今に至ります。

 

逃げ続けた結果

 

現在の僕は、自分のしたいことでお金を稼げていて、嫌なことは一切していません。

 

「6時間労働?」「週休3日?」「残業なし?」

 

どれも嫌です。

 

誰からも文句言われず、何かを始めようと思えば、いつでも自由に動ける。

 

嫌なことから逃げ続けてきた人生でしたが、その結果、毎日ストレスなく楽しいです。

 

お金で解決するなって感じですが、親には迷惑かけた代も渡しました。

 

笑顔で受け取られたよ←

 

働きたくなければ、働らかなくていい。

 

したくなければ、しなくていい。

 

嫌なことで消耗している時間があれば、その時間で自分の得意を見つけましょう。

 

逃げる?違います。

 

逃げるということは、後ろへ下がるということですよね。

 

僕が行ってきたことは、舵を切り進路を変更し、別の道から前に進んできたと思っています。

 

だって、苦手なことに時間かけて克服したって‐1から0になるだけですよ。

 

だったら得意な+1を+2に変えた方が良くないですか?

 

とにもかくにも、「嫌なことから逃げ続けた結果、幸せです」というお話でした。

 

伝えたいことは、

 

『嫌なことから逃げてもいい。したいことをして、自分が輝ける世界を切り開こう』

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。